(2019_53)シャンソンチック・ナイト@三軒茶屋GRAPEFRUIT MOON_20190906

IMG_2297

家人がシルビア・グラブさんを見たいというので前売りで購入。三軒茶屋からのアクセスは、やや遠回りもこのルートが高低差もないしシンプルでわかりやすくお店も多いのでオススメ。→三軒茶屋グレープフルーツムーンへの行き方 _ 9degrowのブログ

会場は地下。
現地精算だったので列が長く、階段で待つのが暑いのなんの…もちろん場内はそんなことはなかったが。
現地でひとり五千円。現金のみはなかなか…。ドリンクも一緒にオーダーするシステムで飲み物のは料金ばらばらだから、そりゃ列はけないわな。

場内は様々な椅子が用意され満席状態。19時開始予定が15分ディレイでスタート。タイトルはシャンソン「チック」なので色々と、オリジナルもミュージカルナンバーも。このコンパクトなハコなのでマイクなしでもいけそうななか、物語性あふれる歌を叙情的な歌声でうたいあげる。阿部裕さんはマイク吹いちゃう形になっていたのでそれこそノンマイクでも良かったような…。

3人がかわるがわる歌うスタイル。こういう企画ならでは。一時間ほどで第一部終了、15分休憩となった。

第二部では、なるほど、二部に分けた意味はそこか…というギミックがあった。よくよく見るとサイトにも書いてあるが「友情出演:高田安男」、劇団・三ツ星キッチンというものを知らないとわからないが、わからない者にもパワーで押しきり、なんか楽しいものを見せてもらった感はあった。なにせ家人は日曜に おおたかの森のイベント見に行きたいと言い出したくらいで。いや、台風が来なけりゃ考えなくもなかったが…。一時間ほどで終了、アンコールは3人で「オー・シャンゼリゼ」。ちなみに全編で気になったのは宇田隆志さんのTシャツだったりした。シャンソンイベントなのにボブ・マーリー…。

シャンソンチック・ナイト@三軒茶屋GRAPEFRUIT MOON adv.\5,000

出演:KAZZ阿部裕シルビアグラブ
友情出演:高田安男
演奏:宇田隆志

タイトルとURLをコピーしました