第45回 新宿三井ビルディング会社対抗のど自慢大会_20190821-23

都市型フェスにフル参戦してきました。いや、サマソニではありません。新宿の夏フェスです。その名も、新宿三井ビルのど自慢大会

IMG_2264

舞い上がるシュレッダーの紙吹雪を名物とした夏の奇祭として有名。今年が45回目。ちなみに観に行くのは初。かつて西新宿に住んでた頃もあったのだけれど、知らんかったわ…歩いて帰れる場所だったのになあ。いやでもその頃は帰り終電だから見にいくどころの話しじゃなかったな。なお新春の奇祭として有名なのは埼玉政財界人チャリティ歌謡祭。そっちは会場行くのはちょっとなんかあれだな…さいたまスーパーアリーナでやるんだっけ?? いやさすがに大宮ソニックシティのようだ。それでも結構でかいぞ。しかもこちらは電波に乗る。収録自体は秋らしいね。

IMG_2259

話戻して新宿三井ビル。夏の第四水・木・金、三日間の開催。予選二日間、決戦は金曜日ということで最終日に本選。 予選は各日40組強が登場、ワンコーラスのみ披露し、10組が通過して本選に向かう。本選は計20組がフルコーラスで挑む。 のど自慢なのでカラオケで歌う形。ステージアクトに凝っても良いが演奏は不可。最終的には歌のうまさが評価される。

途中休憩はさみ、コマーシャルタイムあり。ゲストは毎日プロが呼ばれて結果発表前に10分程度のステージング。 審査員は二人プラスゲストの三人という形。本選は全ての順位が発表されていくスタイル。おお、すごいね。

で。会社によって、三井さん系列はたぶん義務なのだろう、その他受け狙い、打ち上げ芸ってのもあるが、がちがちに上手い人がきちんと混ざり、なかにはこののど自慢大会目当てで入居している会社さんもいるので本選はハイレベル。わざわざ移転してくるカルビーさんとか、テナントはもっと厳しいので空き待ちだったというターリー屋さんとか… ステージングを作り込むおかしな会社も…マクロミルさんとか…どんだけ練習してんだこれ…。

普段は3位入賞すると以降の出場資格がなくなるというが末尾が5と0の回は記念大会なのでオールカマー。今年はその年。でも、残念なことに、異動や移転でビルに勤めていないと出場資格がないという。シビアなのである。そして今年も入賞すると来年出られないのでは。なのでマクロミル・ルパン三世の4位は、ファイナリストながら来年も出られるという絶妙な順位なのである。たぶん。

ネットで話題を呼んだせいか、観客は多い。ちなみに無銭イベントである。そもそもがビルの親睦イベントなので当然各社の応援団が席取りしているし、そもそも植栽やらでスペース少なくステージも見づらい広場に人が殺到する。予選から結構な人がおり、本選はいわゆるアリーナ、一階席相当の部分は入場制限!見える場所はいわゆる二階席部分も開演とともに全て埋まる。席、といっているが座れる場所は1階も2階もあんまりなし。オールスタンディングが基本。まぁビルに関係ない人は我慢しようね…見せてもらっている身なので…。

決勝は上手い人たちばかりなので聞かせるが、フルコーラスなので盛り上がらない曲は盛り上がらない。ただ、プロ並に客を煽る歌い手もちらほら。そしてショウアップしたステージングを繰り広げる本気なところも数組。マクロミルさんとかジャパンネット銀行さんとか…。一方で予選は予選で面白い。1コーラスでさくさく進みテンポがいい。ノリだけな組や、三井系で義務として新人が駆り出されている会社さんとか。歌上手が多いため可愛い系アイドル系はほぼ予選落ちするので、かわいいお姉さんお目当てとか忘年会的なゆるいものを見たければ予選がオススメ。郵便局やスタバの綺麗どころは予選ならではのお楽しみのご様子。

そしてひとしきり盛り上がった後、最後に行われるプロのステージに、ああ、さすがにひと味違うんだなぁ、と我に返るのだった。

タイトルとURLをコピーしました