(2019_100,101)ももいろクリスマス2019 ~冬空のミラーボール~埼玉公演 DAY1,DAY2@さいたまスーパーアリーナ_20191224,20191225

ももクロは野外のスペシャリストという定評があるが、一番見るべきは屋内で行われるももクリだと思っている。確かに何もない場所で設営してしまう春の一大事は凄い。夏に4時間もやるスタジアムライブも圧巻。しかし、屋内でかっちりとしたコンセプトではめ込んだももいろクリスマスのライブアクトこそが彼女たちの真骨頂である。

IMG_3280

ももいろクローバーZの毎年年末恒例ライブ、ももいろクリスマス。今年は大阪城ホール1day+さいたまスーパーアリーナ2days。さいたまが両日とも平日に対して大阪は土曜開催ということで、カネはあるが歳末に休めるか早引けできるかは微妙というファン勢が大阪公演に押し寄せた結果ファンクラブ会員でも大阪は落選が相次ぐという結果に。どうせなら大阪1日+さいたま1日という組み合わせにしたかったのだが、さいたま両日観覧に。しかし平日19時開演は、都内勤務だと17時半退社で混雑して遅延する宇都宮線高崎線でようやっと間に合うという感じで、大変な人も多そうだ。とはいえ平日19時幕張といわれるよりはマシだが。特にさいたまSAだと帰りは近いのでありがたい。

IMG_3279

公演は、今まで見たももクリの中で最高である、とは言い難い。昨年のほうが意欲的であり、そしてやはり一昨年の5人最後のももクリが一つの完成形だったので、そこを更新するというのはアイディアが必要。今回は、そのアイディアが特になかった。いや、ヒューマンビートボックスを投入するなど新しい実験はあり、昭和の歌謡ショーという方向性もあったが、演出として練り上げらるところまでは行っておらず、その点でコンセプトを煮詰めた2017年には到達せず。

とはいえ、これはこれで良いのだとは思う。こなれた余裕のあるパフォーマンスを見せるMCZ,ダイヤモンドフォーを一年の集大成として見せてくれれば及第点。及第点でもハイレベル、それが現状のももクロなので。現場で見るももクロのライブは、相変わらず、すごいし、楽しい。

IMG_3278

メンバーの状態はみなよさそうで(百田さんの吹き出物話などあったが)、音響効果に助けられつつもバンド演奏でのパフォーマンスの出来は安定。特に体力まかせな感のあった百田さんの歌い方が、ほわっと息に乗せるような力の抜き加減が見えて、高城さんの歌唱法に近くなっていたのは今後を考えると安心感がある。まぁももクロはそんなにライブ公演をしないので使い減りはなさそうだけれど。

全長3時間前提で本編2時間半+アンコール30分の尺。構成は、ゆるめでばらばら。そもそも一曲めから特効で銀テープが飛ぶという異様な構成、「オレンジノート」で始まるライブというのも珍しい。中山秀征さん出演は先立つ大阪公演の噂で聞いていたが、もう少し脚本演出詰めてやれよと思うゆるさ。最後のMCでメンバー全員に優しい声をかける点だけは良かったと思うが、あとは演出が丸投げしている感あり、優しい客に依存しすぎているのでは…。

さいたまDAY1は序盤でアベマ中継の話も割り込み、そこから西川貴教さん登場、一曲共演という飛び道具。場内は沸いたが…。いろいろとごった煮。トロッココーナーが2回あったのはさすがだが、トータルで見ればももクロの運動量は減らし気味。とはいえこれも正しいしそれでいいと思う。

今回、アンコールでは「The Show」がかわいらしく風船を手に持ち使う演出で面白かった。この辺を掘り下げて統一感のあるステージにしたものも見てみたい。そしてその後さらっと挨拶無しでショー仕立てのまま終演映像が流れ始め、そういう終わり方にするのか?と思いきや映像終了後にポップアップで本人たち再登場。この時点で22時オーバー。そこからバンドメンバーのコメントなどがありということで、いったんの中締めを告知していた終演時刻にしてあとは音出ししない、ってことなのかな。

DAY1の告知は年末のももクロ紅白の歌唱順のみ。DAY2も構成は同様。西川さんが出ずその代わりも特にない分10分ほど早めに進行。最終的にサプライズ告知担当松崎しげる氏の登場もなしで、新国立でやりたい、という宣言で締める形。まぁすぐにでも実現可能な目標だと思うが、借りる代金がこなれてからのほうがよいような…そしてあそこにそこまでの価値はたぶんないんだけど…まぁ一回は新国立でやりたいよね、旧国立に間に合ったアーティストとしては…。

さて、セットリスト。プレイリストとして公式が公開しているのは面白い試み。大阪含めて本編19曲+アンコール3曲の構成は同様の様子。とはいえ曲は大幅に入れ替えあり、順番固定は1曲めの「オレンジノート」とアンコール最後の「The Show」のほかは「サンタさん」「HOLIDAY」のくだりのみ。個人的には「ロードショー」ではじめて「The Show」で終える構成、という捉え方なのだけれど、さいたまDAY1は西川さん登場含めてややぶれた感じ。

本公演中1回のみ披露というその日しかやらなかった曲が、大阪「2」、さいたまDAY1「6」、さいたまDAY2「4」。「DECORATION」もあり「灰ダイ」で本編締めたDAY1が、「イマジネーション」も「クローバーとダイヤモンド」もある上に「ヘンな期待しちゃ駄目だよ…? 」もあって一番豪華だったか。DAY2で「Sweet Wanderer」と「MORE WE DO! 」を聴けたのは良かった。しかし後者はももクリセトリの中では浮いてるな…この曲がなじむ構成のライブも見てみたい。

年に一回はかっちりした構成のライブを、というと今年はキネマ倶楽部がそれにあたるのだろうが、そういうものをやってほしい。ももクロ陣営はキング宮本氏しか音楽をきちんと考えられる人がいなそうのでそこがライブをする上での弱みかな…。

2019年100,101本目のライブ鑑賞 (ももいろクローバーZ ソロ含む今年7,8本目)

ももいろクリスマス2019 ~冬空のミラーボール~@さいたまスーパーアリーナ \9,200

セットリスト ※曲名右の数字は今回のももクリ3daysでの演奏回数

Day1
1    オレンジノート    3
2    DNA狂詩曲    1
3    僕等のセンチュリー    3
4    ロードショー    3
5    DECORATION    1
6    stay gold    3
7    きみゆき    2
8    イマジネーション    1
9    労働讃歌    1
10    泣いちゃいそう冬    3
11    JUMP!!!    3
12    今宵、ライブの下で    3
13    行くぜっ!怪盗少女    3
14    サンタさん    3
15    HOLIDAY    3
16    ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?    1
17    クローバーとダイヤモンド    2
18    空のカーテン    3
19    灰とダイヤモンド    1

En.1    The Diamond Four    3
En.2    白い風    3
En.3    The Show    3

Day2
1    オレンジノート    3
2    ロードショー    3
3    猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」    1
4    泣いちゃいそう冬    3
5    GOUNN    2
6    カントリーローズ-時の旅人-    2
7    MORE WE DO!    2
8    デモンストレーション    1
9    Sweet Wanderer    1
10    空のカーテン    3
11    The Diamond Four    3
12    行くぜっ!怪盗少女    3
13    stay gold    3
14    サンタさん    3
15    HOLIDAY    3
16    SECRET LOVE STORY    1
17    走れ!    2
18    白い風    3
19    僕等のセンチュリー    3

En.1    JUMP!!!    3
En.2    今宵、ライブの下で    3
En.3    The Show    3

[参考]大阪
1    オレンジノート    3
2    ロードショー    3
3    泣いちゃいそう冬    3
4    カントリーローズ-時の旅人-    2
5    空のカーテン    3
6    stay gold    3
7    MORE WE DO!    2
8    仮想ディストピア    1
9    Chai Maxx ZERO    1
10    きみゆき    2
11    The Diamond Four    3
12    行くぜっ!怪盗少女    3
13    GOUNN    2
14    サンタさん    3
15    HOLIDAY    3
16    クローバーとダイヤモンド    2
17    走れ!    2
18    白い風    3
19    今宵、ライブの下で    3

En.1    JUMP!!!    3
En.2    僕等のセンチュリー    3
En.3    The Show    3

タイトルとURLをコピーしました