(2019_59,60)WALL&WALL 3rd Anniversary AYAMI MUTO & BAND@WALL&WALL_20190923

5B35323A-917C-487E-94AE-C5546B838E02-13091-0000033A68270A60

可愛い。そして、上手い。バンドセットもこなれてきた。構成もしっくり。次のステージが楽しみ。

会場は表参道の交差点というすごい立地のWALL&WALL。スタッフさんもおしゃれ、中もおしゃれ。ただし、狭い。とはいえステージは高めで見やすくはある。音は聴きやすい。いい会場、と思えるのは整理番号が早めだったからか。会場の3周年記念ライブ。昨年、武藤彩未さんが復活ライブを行った、まさにその場所。そのライブは先着順で、サイトにアクセスできないまま完売で見られなかったのだった。ちなみにその後の彩未ちゃんのライブは全通。ただし次回は12月20日DUO MUSIC EXCHANGE。当日は幕張に向かう予定だったのだがどうしよう…。

夏の終わりっぽい格好で、内容も夏のライブ。 彼女の場合、歌唱力はピカイチ。自分の音域と音の出しかた、繋ぎ方のテクニックが身についている点で、この世代では抜群。さらにマイクさばき、どう自分の声をマイクにのせるか、声をうまく拾わせノイズを拾わないか、のテクニックは随一。これは一流スタッフがついていないと身につかないことなので、そういう教育を受けてない人には追随するのは難しい。 このアドバンテージは、強い。

情報は、ぼんやりとした来年の話を除けば、具体的なものが2つ。1つは、インスタグラムの再開。10月からは毎週水曜21時にインスタライブをしていくつもりとのこと。2つめは、次のワンマン。次回の予定を明確に提示するのは大事。素晴らしいことである。が…12/20なのか…困ったな…。しかもチケットの先行発売が早々に開始されるという…。よし、ルールを決めた。基本的に、先に発売の始まったライブをおさえに行く。複数公演があるライブは劣後し単一日公演のライブを優先。また希少性のあるものを優先。ということは…彩未ちゃん優先かな…。

ちなみに。6/10を武藤の日としてカバーソングライブを毎年やるのなら、ターゲットを考えて今年同様着席可能な会場、渋谷プレジャープレジャーかあるいはヒューリックホール東京、もしくはビルボードライブをおさえて、それでそのチケット発売タイミングにあわせてカラオケバトルに出る、というのが当面の正解だと思う。

IMG_2337

2019年59本目&60本目のライブ鑑賞(うち武藤彩未は7本目)

【DAY】WALL&WALL 3rd Anniversary AYAMI MUTO & BAND \3,500

【NIGHT】WALL&WALL 3rd Anniversary AYAMI MUTO & BAND \3,500

1.彩りの夏

2.【DAY】夏の扉(松田聖子)/【NIGHT】白いパラソル(松田聖子)

3.【DAY】ボーイの季節(松田聖子)/【NIGHT】Sleeping Beauty(松田聖子)

4.風のしっぽ

5.宙

6.桜ロマンス

7.A.Y.M.

8.揺れる想い(ZARD)

9.世界でいちばん熱い夏(プリンセス・プリンセス)

10.Doki Doki

11.Run Run Run

12.交信曲第1番変ロ長調

13.音のような言葉

En.1.この指に止まって

En.2.OWARI WA HAJIMARI

タイトルとURLをコピーしました