(2019_87)sora tob sakana presents.~月面の遊覧船~ TRIAL@harevutai_20191128

池袋の新しいライブハウス、harevutaiに行ってきました。sora tob sakanaの定期公演。本当は23日の対バンイベント「月面の扉」で訪れる予定でしたがパスしたのでこちらが初のハレブタイとなりました。

IMG_3001

場所は豊島区役所一帯なので、駅から近いが微妙に距離あり。地下直結の建物というわけでもない。とはいえ渋谷駅から渋谷公会堂に行くよりは便利。周辺は随分整理されて綺麗になっている。池袋らしさがなくなった?いや変化していくことも街の良さ。変わらない街の良さもあるだろうけれど、本当は街も生き物なので古いものは新しいものに置き換わっていくのが本来。特に日本は、湿度もあるし夏は灼熱冬な極寒と温暖の差も激しく台風もくれば地震もあるし場所によっては洪水や津波も、なので古い建物をそのままにしておくというのはナンセンス。ぼやっとした気候の欧州の感覚で考えてたら地獄みるわけで…。

さてライブハウスだが、ビルの一階という珍しい物件。予め計画されていないとこうはいかない。ただしそのため待機スペースは会場の扉の前、という赤坂BRITZ状態。地主の土地再開発で一体化して計画されたライブハウスなので他への迷惑など考慮しなくて済むからできることだが、その分、雨風しのげるスペースがない。階段で待つとかでもないので、これ、天候次第ではしんどいかもなぁ…。

中は当然綺麗。もぎりのスペースが充分にとれてない感じはあるが、ホワイエのスペースがまぁまぁあるので使い方次第かな…。バーカウンターは寄りやすい設計。ドリンク代600円、アルコールはビールのみ。ハイネケンが出てくるが、サーバーで注いでくれる。その分、待ち列ができて、寄りやすいバーカウンターである意味が…まぁ水のペットもらっていけばいいわけだけど…ハイネケン、缶になりませんかね…。

入り口からフロアはすぐ。横長で、後方は一段あがっている。BRITZをぎゅっと前後縮め感じ…雑な表現だな…。手頃なキャパなのでまぁまぁ見やすいかもしれない。混み具合と客層というか背丈次第。音響は、低音が響く。背景には大きなスクリーン。オサカナがやるには確かに向いている会場に思う。ハコの運営自体がポニキャンなので、傘下のアーティストであるオサカナがこの会場で定期公演や自主企画をやるのは当然の流れだろう。

ライブは一時間弱。特典会に参加するためのエントリーフィーみたいな金額のチケットなので不満はなし。お疲れか声があんまり出てないかなという感じで始まったが、調子がどんどん上がっていく感じで、新曲「flash」はライブで聴くと格好いいし、「パレードがはじまる」はやはり凄い。「発見」は背景のVJも込みでゾーンに入った感あり。尻上がりにsora tob sakanaが作り出す世界に引き込まれていった一時間でした。

IMG_2998

2019年87本目のライブ鑑賞(sora tob sakana 関連 今年8本目)

sora tob sakana presents.~月面の遊覧船~ TRIAL@harevutai adv.\2,500

主催・企画:ジ・ズー 制作:PONY CANYON

タイトルとURLをコピーしました