Billboard Live東京について

IMG_2098

旧防衛庁跡、三井不動産開発の東京ミッドタウンの4階。六本木駅直結。

世界標準のクラブ&レストラン。音楽を聴きながら食事するスタイル。開場時間は概ね開演の1時間前。席は自由席もあるが着席スタイル。サービスエリアとカジュアルエリアがあり、サービスエリアではフードもドリンクもサービススタッフにオーダーする。その分割高。

公演自体は1時間程度。普通のライブハウスよりも短め。たいてい1日2回公演。入れ替え制。1ドリンク・ノーフードで済ませるなら8,000円~10,000円、2人でペアシート予約してそこでボトルも入れて…とやると一人1.5万から2万かかる。ちなみに食事もアルコールもなかなか美味しかったりする。日清パワーステーションとは違うのだよ…。

Club BBLという会員制度あり。年会費3,000円+税、初回手数料1,000円+税。会員になると一般よりも予約開始が一週間早くできる。なお公演によってはBBL会員とは別枠dファンクラブ優先枠が確保されていたりする。会員だとサービスエリア来店時に1ドリンクサービスあり。ただし会員当人だけ。

ポイント制度とそれに伴うサービスがあるがこれは2019年9月末をもって終了との告知が出たので割愛。個人的には1万円ほど返ってくる想定…→ 【重要なお知らせ】Club BBL会員ポイント制度終了に伴う会員規約改訂のお知らせおよびポイント引き換え手続きのお願い
なおJALカード会員には優待公演がある。そのほか、来場時にはグラススパークリングワイン1杯がサービスとなる。

見やすさは当然正面ですかね…横から見るのも面白いですが。絶対見たい公演はどう考えても見やすそうな席から。そこまででもないなら価格との見合いで。あ、東京は5階への階段が結構微妙な角度で怖いんですけど…足踏み外しそうで…。

そうはいってもライブ見るには割高。その分、客も絞られるので、快適な空間で快適な状況で鑑賞できる魅力あり。ただ普段のライブと尺も距離感も違うのでアーティスト側のアイディアが問われる会場。コットンクラブ、ブルーノートとここBBLはそういう場所です。

小屋の会員になってちょいちょいチェックしていると面白い公演変な公演も出てくるところが会場推し・箱推しの魅力(言葉の意味が違いますね…)

なお東京ミッドタウンにあるが、ミッドタウンのクレジットカードや三井ショッピングパークカードを提示しても割引や優待どころかプラスのポイント付与もない様子。

一休comレストランでも店はラインナップされており、たまにプランが出たりするのかな…それと。使い道が難しいので有名なぴあポイントで、チケット交換プランがたびたび出ます。

アクセス。地下鉄日比谷線・都営大江戸線六本木駅直結。出口間違えるといったん地上に出る必要あり。千代田線利用者は乃木坂駅から歩くという手もなくはない。南北線六本木一丁目駅となるとちと遠いのでお勧めしない。千代田線赤坂駅からも歩けるが、だったら乃木坂駅使うよね普通は。
Billboard Live東京
東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F

タイトルとURLをコピーしました